FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川ホルモー




鴨川ホルモーって
鴨川ホルモーを読み終えて、ふと気づいたのは、この著作はエンパワーメントコミュニケーションコーチングの要素がいっぱいってこと。ということで、僕は新快速に乗ってただいま京大へ向かっております。別にホルモーしに行くわけじゃないけど。葵祭前の空気を感じて参ります。


万城目学「鴨川ホルモー」
鼻。かぎ鼻というかわし鼻というか・・そういう鼻を目にすると くらっときたものだった。だから万城目学「鴨川ホルモー」の主人公が、異性の鼻に目が釘 付けになってしまうその気持ちはよくわかる。それにしても。ちょっと前に読んだ


万城目学「鴨川ホルモー」
だから万城目学「鴨川ホルモー」の主人公が、異性の鼻に目が釘 付けになってしまうその気持ちはよくわかる。 それにしても。 ちょっと前に読んだ「夜は短し歩けよ乙女」でもそうだったけれ ど、京大及び京都は私の目にはとっても魅力的な場所に映る。


うますぐるのです!
鴨川ホルモー読み始めたから、それ終わり次第かな。 最近のマクロスF、さらに良くなってる! EDへのもって行き方が当たり前すぎなくて、ちょっと涙うるっとしてしまった・・・。 1話につき、何度復習させれば気が済むんですか。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。